ヨシダのドイツ日記

このブログでは、留学、サッカー、言語、文化、などなど 皆さんにとって有益だと思われる情報や、私がドイツで生活をしていて感じたことなどをシェアしていこうと思っています。

Jリーグの現状とイニエスタ獲得が神戸にもたらすもの

  

Guten Tag!!みなさん、こんにちは。

 

イニエスタの神戸加入が決定しましたね。

日本人の僕としてはめちゃくちゃ嬉しいです。

日本はさぞ盛り上がっていることでしょう。

僕が生活するドイツでもニュースで扱っていたり、電車の中でヴィッセル神戸の名前が聞こえて来るなど、やっぱりイニエスタはすごいんだなと実感しております。

 

イニエスタの神戸移籍を受けて、

Jリーグの現状

イニエスタが神戸にもたらすこと

の2点について考えてみたので、今回はそれについてまとめていきたいと思います。

 

f:id:ars44c:20180526070043j:plain

 

 

Jリーグの現状

Jリーグの年俸と比べると…

イニエスタの年俸は推定32億5千万円と言われています。

莫大な金額すぎて全く想像できないので、Jリーグのクラブ別年俸ランキングと比較してみましょう。

f:id:ars44c:20180526071305j:plain

サカマネ.net(J1リーグ チーム別年俸ランキング)https://www.soccer-money.net/team/in_team.php

イニエスタの獲得前、神戸はすでにJ1トップの合計年俸でしたが、イニエスタにはこれまでの合計年俸の2倍近い額を支払うことになります。

言い換えれば、イニエスタの年俸は、神戸の全選手の年俸2年分ということになります。

また、これはあくまで参考ですが、J1の選手の平均年俸は2661万円と言われているので、イニエスタの年俸はJリーガー約122人分に相当すると考えられます。

もう、すごいとしか言いようがありません。笑

 

海外のスタンダードは??

確かに破格な年俸ですが、Jリーグだからこそ、これが浮き彫りになるということも言えます。

先ほども書いたように、J1の選手の平均年俸は2661万円、J2では400万強と言われていますが、これは海外リーグの足元にも及びません。

 

海外主要リーグの平均年俸は以下の通りです。(サッカー界平均年俸世界一は今年もプレミアリーグ。J1平均の約“16倍” | フットボールチャンネル

プレミアリーグイングランド):約3億8300万円

リーガエスパニョーラ(スペイン):約2億4300万円

セリエA(イタリア):約1億9200万円

ブンデスリーガ(ドイツ):約1億8100万円

リーグアン(フランス):1億3700万円

 

また、僕が生活するドイツのサッカーリーグの平均年俸について詳しく見ていくと、このような感じです。(ドイツ3部の平均年俸は約1400万円。平均2000万円のJ1から行く価値は? - 海外サッカー - Number Web - ナンバー

・Bundesliga(1部):約1億8100万円

・2.Bundesuliga(2部):約5500万

・3.Liga(3部):約1400万

 

一応言っておきますが、これらの金額は平均です。

プレミアリーグの平均年俸に関しては、J1の14倍以上に及びます。ドイツの2部リーグでさえも、J1の2倍以上の平均年俸です。

これを見るとその差は歴然で、Jリーグ市場がいかに小さいものかよく分かります。

特にJ2の平均年俸が400万強というのはかなり深刻です。

選手が首を切られた時にかなり苦しい状況に陥ったり、J2の選手でもアルバイトをしているという話を耳にしたりします(本当かどうかは分かりませんが…)。こんな状況では、サッカーどころではありませんし、日本サッカーの発展など見込めないと思います。これは早急に改善する必要があると思います。

 

これがJリーグの現状です。

この差を縮めていくことで日本サッカーが発展するのか、日本サッカーが発展することでこの差が縮まるのか、その因果関係はどちらか分かりませんが、いずれにしても、この差を縮めるということは、日本サッカー発展におけるひとつの指標になると僕は思います。

 

イニエスタ獲得が神戸にもたらすもの

チーム力アップ

当たり前のことですが、イニエスタは世界トップクラスの選手なので、サッカーにおいてチームに良い影響を与えるということは想像に難くありません。

莫大な宣伝効果

最初にも書きましたが、イニエスタ移籍のニュースはここドイツでも大きな話題となっています。特に、僕が住んでいるケルンはポドルスキの故郷でもあるというのも相まって、ヴィッセル神戸の認知度は相当高いです。

また、このニュースはイニエスタの母国スペインではもちろん、世界中で大きく報道されているはずです。

これによる宣伝効果は莫大です。

 

Jリーグチームの認知度は、世界ではまだまだ低いですが、このニュースでヴィッセル神戸の認知度は一気に跳ね上がったと思います。

莫大な経済効果

イニエスタの加入で、ヴィッセル神戸のファンはかなり増えると思いますし、試合の観客動員数も増えるでしょう。さらに、国外のファンも獲得できるかもしれません。

また、イニエスタを観に、国内はもちろん海外からも訪れる人がいるかもしれません。それは地域の活性化につながり、さらにそのことは新規スポンサーの獲得にもつながります。

 

ポドルスキが在籍していることもあり、ケルンのasicsショップにはすでにヴィッセル神戸のユニフォームやグッズが販売されていますが、そういったグッズ類の売り上げにも大きく貢献するでしょう。

 

こうして考えてみると、イニエスタの加入によってもたらされる経済効果は計り知れません。

日本サッカー界への影響

イニエスタの加入は、ヴィッセル神戸だけに留まらず、日本のサッカーにも影響を与えると僕は思います。

一過性ではあるかもしれませんが、日本のメディアがイニエスタやサッカーをたくさん取り上げることによって、サッカーをやりたい子供がたくさん出てくると思います。

それは、JFA日本サッカー協会)が掲げるグラスルーツにも結びついていきます。

また、Jリーグの現状として先ほども書きましたが、今回の移籍がキッカケとなり、Jリーガーの年俸が引き上げられていけば、日本サッカーは益々発展していくと思います。

 

 

イニエスタの神戸加入は、サッカー界でとても大きなニュースとなりました。

今から、イニエスタJリーグでどんなプレーを見せてくれるのか非常に楽しみです。

今回の”イニエスタの神戸加入”がきっかけとなり、Jリーグの市場拡大や日本サッカーの発展が加速化するといいですね。いや、しなければなりません。

 

イニエスタの神戸移籍から学んだことがたくさんあるので、また更新したいと思います。

 

それでは、さようなら。Tschüs!!