GLOBUS

Currently in Germany

【ドイツ観光】ケルン大聖堂を余すことなく楽しむ5つの方法〜おすすめフォトスポットなど〜

 

f:id:ars44c:20181111055259j:plain

 

 

Guten Tag!!みなさん、こんにちは。

 

ケルンといえばケルン大聖堂!!

といっても過言ではない、言わずと知れたケルンの象徴ケルン大聖堂ですが、実は、様々な姿があります。

 

そこで今回は、ケルンを訪れたら必ず足を運ぶであろうケルン大聖堂を余すことなく楽しむ方法やフォトスポットについてシェアしていきたいと思います。

  

では、早速いってみましょう!!

 

 

1.近くで見る

まずは、近くで見ましょう。

 

ケルン大聖堂の大きさは、

高さ   :157m

幅       :86m

奥行き:114m

で、ゴシック様式の建物としては世界最大です。

 

ケルン中央駅から出ると、すぐに現れるのですが、その大きさと迫力は圧巻です。

 

近くで写真を撮ろうとすると、全部写すのに苦労するほどです。笑

また、細部まで綺麗な装飾が施されており、魅了されます。

 

f:id:ars44c:20180820042208j:plain

 

2.中に入る

ケルン大聖堂は無料で中に入ることができます。

 

中に入るとこれまた大きさにびっくり。

そして、美しいステンドガラスや石像などを見ることができます。

 

インスタ映えすること間違えなしです!笑

 

f:id:ars44c:20180820042800j:plain

f:id:ars44c:20180820042837j:plain

f:id:ars44c:20180820043006j:plain

f:id:ars44c:20180820043029j:plain

f:id:ars44c:20180820043034j:plain

 

3.上に登る

ケルン大聖堂は、4ユーロ払うと上に登ることができます。

 

入口が少しわかりづらいですが、ケルン大聖堂を正面から見て右側に下に降りる階段があるので、そこを降りてください。

そうすると、チケット売り場があって、登ることができます。

 

f:id:ars44c:20180820045148j:plain

 

上へは階段で登ります。

登る階段は533段。157mの頂上を目指して狭い螺旋階段を永遠と登っていきます。

とても幅が狭いので、すれ違ったりすると少し怖いです。

 

f:id:ars44c:20180820045823j:plain

 

頑張って登り切ると、街を一望できる絶景が待っています。

 

f:id:ars44c:20180820050802j:plain

 

登り下りには30分ほどかかります。

一応サッカーをやっている私でも、戻ってきた時、足がプルプルしてました。笑

あまり運動してない人は筋肉痛になるかもしれませんね。笑

 

4.橋を渡って川越しに見る

近くで十分堪能したら、川の方へ向かいましょう。

大量の南京錠がつけられていることで有名なホーエンツォレルン橋を渡ると、こんな素敵な風景を見ることができます。

 

f:id:ars44c:20180821031909j:plain

 

f:id:ars44c:20180821032051j:plain

 

個人的にはここが一番のフォトスポットだと思います。

 

また、夜には橋と大聖堂がライトアップされ、一層綺麗です。

f:id:ars44c:20181008162323j:plain

 

5.展望台から見る

橋を渡り、さらに進むとケルントライアングルというビルがあり、エレベーターで屋上まで上がることができます。

 

営業時間、値段は以下の通りです。

・営業時間

5/1~9/30  月~金  11:00~23:00

      土, 日  10:00~23:00

10/1~4/30 月~金  12:00~20:00

                 土, 日   10:00~20:00

・値段

 3ユーロ

 

 

 屋上からは、ケルン大聖堂とケルンの町並みを上から見下ろすことができます。

 

f:id:ars44c:20180821033535j:plain

 

夕焼け時や、夜景を狙うとさらに綺麗な写真が撮れそうですね。 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、ケルン大聖堂を余すことなく楽しむための方法とフォトスポットなどについてまとめてみました。

 

ケルン大聖堂は、とても良い写真が撮れるスポットがたくさんあるので、よかったら参考にしてみてください。

 

皆さんの旅行が素晴らしいものになることを祈っています。

 

それでは、さようなら。Tschüss!!