GLOBUS

Currently in Germany

【旅ブログ】第5弾!!Brussels 編 ブリュッセル観光1日モデルコースとおすすめグルメ

f:id:ars44c:20181106180151j:plain

 

 

Guten Tag!!みなさん、こんにちは。

 

今日は久しぶりに、旅ブログを更新します。

ドイツに来て6ヶ月、やっとドイツ国外へ行って来ました。

行って来たのは、そう、ベルギーのブリュッセルです!!

 

ケルンからかなり安く行けるというのと、昔おばあちゃんの家に小便小僧が置いてあって、本物を見てみたいと思ったので、今回ブリュッセルに行ってきました。

 

行ってみると、ドイツとはまた違ったとても綺麗な街並みで大満足でした。

今回は、ベルギーの観光スポットの紹介などを含めて、旅の様子をみなさんにシェアしたいと思います。

 

 

1. 移動手段

私は、ドイツのケルンからブリュッセルに向かったわけですが、今回はFlixBusというバスを使いました。

ヨーロッパを観光するのであれば、このFlixbusはかなり使えると思うので、また別の記事で詳しく書きたいと思います。

 

かかった時間は片道3時間ほどで、値段はなんと往復21ユーロ(≒2800円)でした。

帰りは夜行バスで帰ってきたので、食費を除けば、かかった旅費はこれだけです。

3000円弱で海外旅行に行けると考えるとめちゃくちゃ安いですよね。

安く海外に行けるというのは、ヨーロッパの良いところの一つであると思います。

 

2. 観光スポット巡り

ブリュッセルは、観光スポットがコンパクトにまとまっていて、大抵は歩いて回ることができます。

主要な観光スポットは、1日あれば十分に回れて、楽しめると思います。

 

2-1. グランプラス

f:id:ars44c:20181024170309j:plain

まずご紹介するのは、グランプラス。

360°壮麗な建物に囲まれるこの広場は「世界で最も美しい広場のひとつ」され、世界遺産に登録されています。

本当に360°豪華な建物に囲まれているので、写真ではなかなか伝わらないのですが、すごい迫力なので、ぜひ実際に訪れて頂きたいです!

 

それでは、グランプラスを囲む建物と見どころを簡単にご紹介します。

ブリュッセル市庁舎 

f:id:ars44c:20181024175719j:plain

まずは広場の中でもひときわ大きな建物のこちらは、ブリュッセル市庁舎です。

その高さは96mあり、広場のシンボルとなっています。

 

ギルドハウス

f:id:ars44c:20181024175321j:plain

市庁舎を正面に見て、右手にある金色にピカピカ光っているこちらの建物はギルドハウスです。

この建物は、かつて様々な職業の組合員が集まる場所だったそうです。

 

王の家(市立博物館)

f:id:ars44c:20181024175225j:plain

市庁舎の向かい側にあるこちらの重厚な建物は王の家で、市立博物館になっています。 

 

ブラバン公爵の館

f:id:ars44c:20181024175311j:plain

市庁舎を正面に見て左側にあるこちらの建物は、現在ホテルとなっているようです。

 

セルクラース像

f:id:ars44c:20181024175332j:plain

市庁舎を正面に見て、左側にこちらの像があります。

この像に触れると幸運が訪れると言われており、多くの人に触られるので塗装がハゲています。

 

 夜のグランプラス

f:id:ars44c:20181024171602j:plain

そして、必見なのは夜のグランプラス。

ライトアップされた広場は、言葉を失うほど綺麗でした。

 

2-2. 小便小僧

f:id:ars44c:20181024181018j:plain

グランプラスから小便小僧まではそれほど遠くありません。

道中にはワッフルやチョコレートのお店、お土産店があるのでそちらも楽しめます。

 

実際の小便小僧は意外と小さいことに驚きました。

おばあちゃんの家にあったのも同じくらいの大きさだった気がします。笑

 

2-3. 芸術の丘

f:id:ars44c:20181024181757j:plain

 芸術の丘は、ブリュッセルの中心を上から見下ろすことのできる場所です。

正面に見える塔が、ブリュッセル市庁舎です。

 

2-4. ロワイヤル広場

f:id:ars44c:20181024183032j:plain

f:id:ars44c:20181024183055j:plain

芸術の丘から少し上に登っていくと、ロワイヤル広場があります。

2枚目の写真に写っている聖ヤコブ教会は、ギリシャ神殿を思わせるかのような作りでとても綺麗でした。

ここからも、ブリュッセルの中心を見下ろすことができます。

 

2-5. ブリュッセル王宮

f:id:ars44c:20181024183624j:plain

ロワイヤル広場のすぐそばには、ブリュッセル王宮があります。

とても大きく壮大な王宮は、7〜9月のみ一般公開されているそうです。

 

レンタカー

 

2-6. 凱旋門

f:id:ars44c:20181024184628j:plain

パリの凱旋門はとても有名ですが、実はベルギーのサンカントネール公園にも凱旋門があります。

ただ、ここは市内から少し離れるので、バスやメトロを使うのをおすすめします。

ちなみに、私たちは歩いて行きましたが、片道約3キロで35分ほどかかりました。

私たちはちょうど夕暮れ時に行ったので、とても綺麗で、長い距離を歩いた甲斐がありました。

 

2-7. サンミッシェル大聖堂

f:id:ars44c:20181024185743j:plain

f:id:ars44c:20181024185834j:plain

f:id:ars44c:20181024185837j:plain

f:id:ars44c:20181024185836j:plain

f:id:ars44c:20181024185844j:plain

また、市内の方に戻ってきて、お次はサンミッシェル大聖堂を訪れました。

荘厳なゴシック様式のこの教会は、300年もの歳月をかけて建てられたそうです。

無料で中にも入ることができ、内部も非常に綺麗です。

 

2-8. ギャルリーサンチュベール

f:id:ars44c:20181024190439j:plain

f:id:ars44c:20181024190433j:plain

グランプラスの近くまで戻ってきて訪れたギャルリーサンチュベールは世界最古のアーケード街です。

お高そうなチョコレート店が軒を連ねていて、とてもラグジュアリーな雰囲気です。

昼と夜とでまた違った良さがあります。

 

2-9. モネ劇場

f:id:ars44c:20181024190745j:plain

オペラや展覧会が行われるモネ劇場です。

こちらも、グランプラスからそう遠くないところにあります。

 

海外留学のEF

 

3. グルメ

ベルギーは美食の街としても知られています。

3-1. ベルギーワッフル

f:id:ars44c:20181024191318j:plain

f:id:ars44c:20181024191403j:plain

その中でも有名なのがベルギーワッフル。

日本でもよく売られていますよね。

本場のベルギーでは、いたるところにワッフル店があり、出来立てのワッフルが楽しむことができます。

フルーツやクリームが乗ったものからシンプルなものまでたくさんの種類があり、値段も2〜4ユーロほどとお手頃なので、ぜひ食べてみてください。

 

3-2. ムール貝

f:id:ars44c:20181024191625j:plain

ブリュッセルはムール貝も有名です。

私は、初めてムール貝を食べたのですが、こんなに美味しいのかと度肝を抜かれました。

本当に美味しかったので、ぜひ、試してください。

 

3-3. ビール

ベルギーはビールも有名。

ドイツのビールとはまた違って美味しかったです。

 

3-4. チョコレート

ベルギーといえばチョコレート。

ですが、今回私はチョコレートは食べませんでした。

食べておけばよかったと今若干後悔しています。笑

 

3-5. ポテトフライ

ベルギーはポテトも有名みたいです。

私は、パンにハンバーグと野菜とポテトが挟まっているものを食べましたが、とても美味しかったです。

値段もお手頃なので、ぜひ食べてみてください。

量も大量に入っているので、二人で一つとかでも十分だと思います。

 

4. まとめ

ベルギーに行った感想は、

・観光地が集中しているので周りやすい

・街並みがとても綺麗

・食べ物が美味しい

といったところです。

私は10時間ほどしか滞在しませんでしたが、十分に楽しむことができました。

1日あれば十分に楽しめるので、ヨーロッパ旅行をする際は、ブルッセルを訪れることも検討して見てはいかがでしょうか?

 

※写真は加工しています。

 

それでは、さようなら。 Ciao~

 

GOLOBAL WiFi