GLOBUS

Currently in Germany

ドイツ・ケルンでのVISA更新について

f:id:ars44c:20181113021353p:plain

 

Guten Tag!!みなさん、こんにちは。

 

海外で生活するためには、基本的にビザが必要となります。

そして、長く生活するとなれば、ビザの更新や切り替えをする機会が出てくるでしょう。

 

私のビザが今月で切れてしまうということで、先日ビザの更新をしてきました。

ビザ更新に際して、インターネットなどで情報を調べたのですが、情報量が少なかったので、今回は私の経験をみなさんにお伝えできたらと思います。

少しでも、ビザの更新を考えている人の役に立てば幸いです。

 

また、新規のビザ取得に関しては、こちらの記事をご参照ください。 

www.ars44c.com

 

 

1. VISAの更新ができる場所 

まず、ビザの更新ができる場所についてです。

ビザの更新は、新規取得の時と全く同じです。

市役所にある外国人課(Ausländeramt)で申請することができます。

 

ケルンの場合は、10箇所ほど市役所があるので、居住地から一番近いところに行ってください。

 

ケルンの外国人課が開いているのは、月・火・木・金曜日8:00-12:00です。

水曜日と土日、祝日は閉まっており、午前中しか空いていない場合が多いので注意してください。

 

2. 申請に必要な書類

申請に必要な書類は、申請するビザの種類や地域によって変わってきます。

 

ここでは、私が語学研修ビザの更新の際に求められた書類をご紹介します。

 

みなさんお分かりだと思いますが、書類の中には準備をするのに時間がかかるものもありますので、時間に余裕を持って準備をするようにしましょう。

 

2-1. 申請書

個人情報や滞在の目的などを書く申請書です。

外国人課でもらうことができます。

f:id:ars44c:20181113030535j:plain

 

新規の申請の時は、水色だった気がしますが、今回は黄色でした。

一度申請をしている人ならばお分かりかと思いますが、この申請書は意外と書く場所が多く、 もちろん日本語訳はないので、完成させるのに意外と時間がかかります。

 

2-2. パスポート

パスポートは忘れずに。

 

2-3. 手元にあるVISA

現在所持しているVISAも持っていきます。

 

私のビザは、バスポートに貼り付けられるタイプなのですが、期限切れのビザにはスタンプが押されました。

 

2-4. 保険証

ビザ申請の全期間において、ドイツの有効な保険に加入している証明が必要です。

 

私は、Care Conceptという保険に加入しています。

こちらの保険は日本語でも申し込みができ、価格も安いのでオススメです。

 

2-5. 賠償責任保険証明書

語学研修のビザでは基本的にこちらの賠責保険は必要ないはずなのですが、私はこちらの書類も要求されました。

 

2-6. 語学学校の入学許可証

語学学校に申し込み、支払いを済ませると入学許可証がもらえると思うので、それを持っていきましょう。

基本的にはコース終了日までのビザが取得できます。

 

2-7. 滞在費用証明

学生ビザや語学研修ビザの場合は、滞在する月×720ユーロの金額が入った閉鎖口座を開き、その残高証明書を提出する必要があります。

しかし、私の場合はなぜか普通講座の通帳でOKでした。

これも担当者や地域によって変わってくるようです…

 

2-8. 最新の写真

パスポート用の写真(3.5cm×4.5cm)が必要です。

現在所持しているビザの写真ではダメで、新しく撮る必要があります。

証明写真用の機械は、ショッピングセンターや主要駅にあるので、それほど苦労はしないと思います。

 

2-9. 発行手数料

発行手数料がかかります。

私の場合は52ユーロでした。

 

3. VISA取得の流れ

3-1. 申請書をもらいに外国人課へ

インターネットから申請書を入手することもできるようですが、申請書をもらいに行った時に、必要な書類を書いてくれますし、質問もできるので、私は直接行くことをおすすめします。

f:id:ars44c:20181113032947j:plain

写真のような感じで必要な書類を教えてもらえます。

字が汚くて読むのに苦労しましたが…笑

3-2. 必要書類を集める

申請書をもらったら、必要な書類を集め、申請書を完成させましょう。

3-3. 再度、外国人課へ

必要な書類が全て集まったら、それらを持って再度、外国人課を訪れます。

3-4. ビザ取得

書類の不備がなければビザを取得できます。

私のビザはパスポートに貼られるタイプで、即日発行してもらえました。

中には、カードタイプで後日届くという場合もあるようです。

 

4. まとめ

ビザの申請は、やることがたくさんあったり、うまくいかなかったりすることもあります。

私も新規でビザを申請した時は、4回以上外国人課に足を運び、しまいには通訳を連れて来いと言われ、やっとの思いで取得できました。

 

しかし、今回のビザの延長に関しては、全てうまく行ってスムーズに取得することができました。

ドイツ語がある程度話せるようになったというのも大きいですが、ビザの延長は、新規の取得に比べるとかなり楽に感じました。

なので、これからビザの延長をしなければならない人は、ネガティブにならず、気楽な気持ちで臨んでみてください!!

 

最後にひとつTippをお伝えして終わりにしたいと思います。

それは、ビザの申請の際に明るく、笑顔で臨むということです。

海外の人たちは特に、こっちが笑顔で接すると向こうも親切にしてくれる印象があります。

長時間待たされたりしてイライラすることもあると思いますが、笑顔で明るく臨んでみてください。そうすればきっとうまくいくと思います。

 

みなさんが無事にビザを取得できることを願っております。

質問等あれば、コメントにてお書きください。

 

それでは、さようなら。Tschüss!!