GLOBUS

Currently in Germany

【旅ブログ】第6弾!!Stuttgart 編 〜世界最大のクリスマスマーケット〜

f:id:ars44c:20181212165616p:plain

 

Hallo!!みなさん、こんにちは。

 

今回は、久々の旅ブログということで、先日シュトゥットガルトに行った時の様子をご紹介したいと思います。

 

まず、なぜシュトゥットガルトに行こうと思ったのかというと、

・クリスマスマーケットが有名

・ケルンからそこまで遠くなく、日帰りで行ける

・電車賃がそこまで高くない

という3つの理由が挙げられます。

 

せっかく本場ドイツにいるので、有名なクリスマスマーケットに行ってみようと思っていました。

シュトゥットガルトのクリスマスマーケットは、ドレスデン、ニュルンベルクと並び、ドイツの3大クリスマスマーケットとされています。

300年以上の歴史を持つこのマーケットは、世界最大と言われ、ドイツ中はもちろん、海外からも多くの観光客がやってきます。

 

シュトゥットガルトは、ケルンからICE(新幹線のような電車)で約2時間半。

運賃は普通に買うとおそらくかなり高いと思うのですが、今回私は、早めに買ったので往復50ユーロ(≒6500円)で済みました。

片道2時間半乗ってこの値段はかなり安いのではないでしょうか。

安いチケットの買い方については、他の記事でご紹介したいと思うのでお楽しみに。

 

ちなみに、日本から行こうとすると、フランクフルト空港から行くことになると思いますが、フランクフルトからはそこまで遠くなく、電車で約1時間半ほどで着くので、ぜひ訪れてみては。

 

さて、当日私は、ケルンを9:18に発車するの電車に乗る予定でしたが、ここでハプニングが…

この日はちょうどDB(ドイツ鉄道)のストライキがあったらしく、ほとんどの電車が200分以上の遅れという大変な状況になっていました。

 

まず、私の家の最寄りからケルンの中央駅まで本来であれば約20分で着くのですが、バスを乗り継いで行ったのでこの日は2時間かかりました…笑

やっとの思いで中央駅につき、インフォメーションに行って切符を見せると、15分後に来るシュトゥットガルト行きの電車に乗っていいよとのこと。

とりあえず、目的地まで行けるようなので良かったです。

 

私が乗った電車は約240分遅れでした。

車内では、紙が入った封筒とポストカードが配られ、これらに必要事項を記入してポストに投函すると、謝礼の品と50%の運賃が返ってくるとのことでした。(1時間以上の遅れで25%、2時間以上の遅れで50%の運賃が返ってくるようです。)

f:id:ars44c:20181212174820j:plain

f:id:ars44c:20181212174737j:plain


さらには、この電車で相席になったドイツ人のおじいちゃんおばあちゃんにシャンパンやお菓子をもらい、それほど時間を急いでいなかった私にとっては、とても得をした気分になりました。笑

 

シュトゥットガルトに着いたのは、14:40頃。クリスマスマーケットは夜行こうと思っていたので、それまでは隣町エスリンゲンで過ごすことに。

エスリンゲンまではシュトゥットガルトから電車で約15分ほど。運賃は4.20ユーロでした。

 

エスリンゲンは小さな町ですが、丘を上ると街全体を見下ろせるスポットがあり、そこにはまるで、かの有名な花の都、フィレンツェを思わせるかのような風景が広がっていました。

f:id:ars44c:20181212181337j:plain

f:id:ars44c:20181212181659j:plain

f:id:ars44c:20181212184408j:plain

 

頂上にある窓からは、こんなアーティスティックな写真も撮れます。

f:id:ars44c:20181212181506j:plain

 

個人的には、ここが今回の旅の1番のハイライトでした。

シュトゥットガルトに行くなら、エスリンゲンは絶対にオススメです。

 

1時間ほど滞在し、次はシュトゥットガルトにある、ヨハネ教会(Johanneskirche am Feuersee)へ向かいました。

ヨハネ教会は、エスリンゲンからS1に乗り、シュトゥットガルト中央駅から二駅先のFeuerseeという駅で降りるとすぐあります。

夜にはライトアップされ、光が池に反射してとても綺麗です。

f:id:ars44c:20181212183921j:plain

 

そのあとは市内に歩いて行き、お目当のクリスマスマーケットへ。

ヨハネ教会から市内は約1.5kmほどなので、歩いてもいけますし、電車やバスももちろんあります。

 

f:id:ars44c:20181212185946j:plain

f:id:ars44c:20181212190137j:plain
クリスマスマーケットは、宮殿広場(Schlossplatz)の付近一帯で開催されています。

世界最大とされているだけあって流石に広かったです。

全てをじっくりみて回ろうと思ったら1時間半はかかるのではないかと思います。

 

コンサート会場では、オーケストラやコーラスによる演奏が行われます。

コンサートは基本的に、毎日18時から行われているようです。

f:id:ars44c:20181212190241j:plain

 

クリスマスマーケットといえばグリューワイン(ホットワイン)。冷え切った体に染み渡ります。が、個人的にはあんまり好みではありません。笑

グリューワインは、クリスマスマーケットごとにオリジナルのマグカップで出してくれるので、記念に持ち帰るのもいいですよね。シュトゥットガルトのクリスマスマーケットでは、5、6種類のカップがありましたが、私はこのマグカップにしました。

ちなみに、マグカップだけを買うこともできるので、お酒が飲めない人も大丈夫です。

f:id:ars44c:20181212190748j:plain


 

2時間半ほど滞在して、駅に向かいました。

これまで、ケルンとボン、デュッセルドルフのクリスマスマーケットに行きましたが、それらとはまた違った雰囲気があり、とても楽しめました。

ドイツではあちこちでクリスマスマーケットが開かれているので、いろんな場所を回ってみるのもとても良いと思います。

 

案の定、帰りの電車も50分遅延していて、終電に間に合うか微妙だったのですが、なんとか無事に帰ることができて良かったです。

日帰りの旅行でしたが、十分に楽しむことができました。

みなさんもぜひ、本場のクリスマスマーケットに足を運んでみては。

 

それでは、また。Ciao〜!!