GLOBUS

Currently in Germany

本場ドイツでのクリスマスの過ごし方

f:id:ars44c:20190101202227p:plain

 

Frohes neues Jahr!!

皆様、新年明けましておめでとうございます。

今年は、楽しみながら、少しでも読者の皆様にとってプラスになるような記事を書いていきたいと思いますので、本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

さて、年も明けお正月ムードで、クリスマスがかなり昔のことのように感じられますが、今回は、年末バタバタしていて書くことができなかったドイツのクリスマスについてシェアしたいと思います。 

 

私はクリスマスをホストファミリーとドイツの典型的なクリスマスを過ごしました。

日本とは違う部分が多くあり、とても興味深かったので、ぜひ、読んでいってください。

 

クリスマスは11月から!?

ドイツでは、クリスマスの4週間前の日曜日からアドベントと言われる準備期間に入ります。

 

毎週日曜日に火を灯すアドベントキャンドルや、毎日一つずつ開けていくアドベントカレンダーなどがあり、ドイツ人はクリスマス当日よりもこの準備期間に友人とパーティをしたり、クリスマスマーケットに出かけたりして楽しみます。

f:id:ars44c:20190101204702p:plain

f:id:ars44c:20190101204855j:plain

私もホストファミリーからアドベントカレンダーをもらいました。

この中にはチョコレートが入っています。

 

クリスマスマーケットの記事はこちら ↓ ↓ ↓

www.ars44c.com

www.ars44c.com

 

サンタクロースが二人!?

f:id:ars44c:20190101214220p:plain

ドイツにはサンタクロースが二人います。

一人はニコラウス(Nikolaus)、もう一人はヴァイナハツマン(Weihnachtsmann)と呼ばれており、ニコラウスは12月6日、ヴァイナハツマンは12月24日にプレゼントを持ってきてくれます。

 

そう、ドイツの子供達は2回プレゼントがもらえるんです。

ただ、どちらも豪華なプレゼントをもらえるというわけではなく、12月6日はチョコレートなどの簡単なもの、そして24日におもちゃやゲームなどの豪華なものがもらえるというのが一般的です。(地域によって違いもあるようです。)

 

クリスマス当日は家で過ごす

日本では、クリスマス当日に友人とパーティをしたり、恋人とディナーに出かけたりするというのが一般的だと思いますが、ドイツでは基本的に家で家族と過ごします。

街がたくさんの人たちで賑わう日本と対照的に、クリスマス当日のドイツは閑散としています。

 

ちなみにドイツのクリスマス本番は25、26日と2日あります。

24日に家族で集まって、25、26とお祝いするのが一般的です。

 

クリスマスの過ごし方

最初にも書いたように、私はクリスマスをホストファミリーと過ごしました。

もちろん、それぞれの家庭ごとに違いはあると思いますが、私たちがどのように過ごしたのかをご紹介します。

ホストマザーが、「これがドイツの典型的なクリスマスの過ごし方よ」といっていたので、多分そうなんだと思います。

 

私たちは24日の15時ごろ集まり、女性陣がディナーの準備をしている中、子供達とゲームをしたりして待っていました。

 

夕方になり、子供達と散歩に出かけ、帰ってくるとクリスマスツリーの下に大量のプレゼントが!!

日本では25日の朝、起きると枕元かツリーの下にプレゼントが!というのが一般的だと思いますが、ドイツでは24日の夜にプレゼントがもらえるようです。

 

プレゼントは、子供達だけでなく、全員に用意されていました。

私もチョコレートなどをもらいました。ありがとうございます!笑

 

その後、みんなでクリスマスのディナーを楽しみました。

メニューはガチョウのローストとクヌーデル(ジャガイモの団子)、ロートコール(紫キャベツ)、サラダでした。これはドイツのクリスマスの伝統的な食事だそうです。

f:id:ars44c:20190101212929j:plain

 

食事の後はワインを飲んだり、子供達と遊んだりして過ごしました。

本当に素敵な夜でした。家族でのお祝いに快く招いてもらって感謝でいっぱいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

それでは、さようなら。Tschüss!!