ヨシダのドイツ日記

Currently in Germany

【旅ブログ】第8弾!!世界一の観光都市!? Paris 編

f:id:ars44c:20190308191150j:plain

 

 

Guten Tag!!みなさん、こんにちは。

 

前回の記事でロンドンの旅行について書きましたが、実はその後、パリにも行ってきました。

さすがは、パリ。見どころ満載の素晴らしい街でした。

今回は、そんなパリでの観光の様子をご紹介したいと思います。

 

DAY1

私たちは、ロンドンから飛行機でパリに向かいました。

フライト自体は1時間程度であっという間でした。

今回のフライトは若干高くて40ユーロほどだったと思います。

それでも40ユーロですから、さすがヨーロッパといったところでしょうか。

 

パリのシャルル・ド・ゴール空港に到着し、入国審査を終えた後、電車で市内に向かいました。

ロンドンでの入国審査がしっかりとしていたのに比べ、パリでの入国審査は本当に軽い感じでした。

 

空港から市内をつなぐ電車RER Bは、危ないとよく言われているようですが、乗った時間が昼間ということもあってか、危険な感じは全くしませんでした。

ホテルが少し外れたところにあったので、何度か乗り換えをしてホテルにたどり着きました。

 

ルーブル美術館

f:id:ars44c:20190302180250j:plain

 

この日はもう夕方になっていたので、ルーブル美術館でゆっくり時間を過ごすことに。

誰しも一度はテレビや写真で見たことがあるでろう、透明の三角のオブジェ(?)を実際に見たときはやはりテンションが上がりました。

f:id:ars44c:20190302181438j:plain

 

中はめちゃくちゃ広く、価値が高いであろう美術品の数々が所狭しと並んでいます。

残念ながら芸術に疎い私は、モナリザやミロのヴィーナスなど、有名な展示品をピンポイントで回るという鑑賞の仕方をしましたが、一つ一つ見ていたらいったい何日かかるんだという規模でした。

f:id:ars44c:20190302181308j:plain

f:id:ars44c:20190302181329j:plain

f:id:ars44c:20190302181354j:plain

 

展示品もさることながら、内装もまた素晴らしく、どちらかといえば私はそちらに感動しました。

f:id:ars44c:20190302181619j:plain

 

ちなみに入館料は15ユーロと少々お高めですが、行く価値は十分にあると思います。

 

この日はもう夜になってしまったので、ホテルに帰って休みました。

 

DAY2

この日は予定が盛りだくさん。

まずは、ノートルダム大聖堂へ。

 

ノートルダム大聖堂

f:id:ars44c:20190308191712j:plain

 

さすがパリ。同じ大聖堂でもケルン大聖堂とはまた違い、おしゃれな感じがしました。

そばを通るセーヌ川沿いの雰囲気もとても気に入りました。 

 

中から見るステンドグラスもめちゃくちゃ綺麗です。

嬉しいことに無料で中に入ることができるので、オススメです!

f:id:ars44c:20190308191745j:plain

 

サント・シャペル

f:id:ars44c:20190308192753j:plain

 

ノートルダム大聖堂を後にし、お次はサント・シャペルへ。

ノートルダム大聖堂からサント・シャペルは、近くにあるので歩いていくことができます。

 

そして、このサント・シャペル、今回の旅のハイライトはここと言っても良いほど素晴らしい場所でした。

一面に広がるステンドグラスの窓は圧巻です。

パリに行く機会があれば、是非訪れてほしいと思います。

f:id:ars44c:20190308192822j:plain

 

そんなサント・シャペルを後にし、凱旋門に向かうために地下鉄の駅に入ると、ここでハプニングが…

地下に入ったところでスリに逢い、友達の財布が盗まれてしまいました。

パリにスリが多いことは聞いていましたし、気をつけていたつもりでしたが、一瞬でやられました…

詳しく書くと長くなってしまうので、これについては別の記事で書こうと思います。

 

エッフェル塔

f:id:ars44c:20190308194053j:plain

 

スリにあってワタワタした後、とりあえず観光をしようということで、エッフェル塔へやってきました。

 

パリといえばエッフェル塔を思い浮かべる人も多いと思います。

そんなエッフェル塔は流石の存在感でした。

 

夜のライトアップも見たかったので、また戻ってくることにして凱旋門へ。

 

凱旋門

f:id:ars44c:20190308194853j:plain

 

これもまた、パリの象徴の一つである凱旋門。

教科書やテレビでしか見たことのなかったので、実際に見たときはやはり興奮しました。

凱旋門もまた、夜に登ると綺麗な夜景が観られるということで、また戻ってくるとして、ひとまず昼食を食べに行きました。

 

昼食をとった後、スリの保険の申請に警察の書類が必要ということで、警察署に。

お互いにあやふやな英語で2時間ほどかけて、なんとか手続きができました。笑

色々と大変ではありましたが、これもまた良い経験です。

 

凱旋門(夜)

そうこうしていると、良い時間になったので、再び凱旋門へ戻ってきました。

凱旋門は、お金を払うと上に登ることができますが、夕方から夜にかけての時間帯がオススメです。

凱旋門に向けて放射状に道路が放射状に広がっていて、”中心”という感じがすごいするのでとても面白いです。

f:id:ars44c:20190308200857j:plain


凱旋門から眺めるエッフェル塔もまた、とても綺麗でした。

f:id:ars44c:20190308200918j:plain

 

エッフェル塔(夜)

f:id:ars44c:20190308201328j:plain

 

夜のエッフェル塔も、パリ観光には欠かせないでしょう。

毎時0分から5分間シャンパンフラッッシュと言ってピカピカ光る時間があるので、その時間に合わせていくと良いと思います。

 

DAY3

3日目は友達と別れて、夕方の電車まで一人で観光しました。

 

ヴェルサイユ宮殿

f:id:ars44c:20190308202404j:plain

この日のお目当はヴェルサイユ宮殿。

本当は2日目に行く予定だったのですが、行けなかったのでこの日に行ってきました。

 

パリ市街からヴェルサイユ宮殿までは少し距離があり、電車で40分ほどかかったと思います。

 

豪華絢爛な宮殿内はめちゃくちゃ広く、軽く観ただけでもかなり時間がかかりました。

やはり有名な鏡の間は圧巻でした。

f:id:ars44c:20190308203146j:plain

 

サクレクール寺院

f:id:ars44c:20190308203348j:plain

 

パリ市街に戻って少し時間があったので、丘の上にあるサクレクール寺院へ行ってきました。

パリの街並みが一望できるということできましたが、あいにく天気があまり良くなかったので、綺麗な景色を拝むことはできませんでした。

 

サクレクール寺院から私の電車が出るパリ北駅は、それほど遠くなかったので、歩いて向かったのですが、その途中の道がかなり治安が悪そうで怖かったので、皆さんにはあまりお勧めできません…

 

その後、なんとか無事に電車に乗れて、ケルンまで帰ってこれました。

パリ観光には短い2泊3日でしたが、非常に充実していて、十分楽しむことができました。

 

パリの街は、意味がわからないくらいおしゃれです。

これだけ街の中に観光名所があるのはパリくらいじゃないでしょうか。

 

まだまだたくさんの場所に行ってみたいですが、パリはいつかもう一度訪れたいと思います。

 

それでは、また〜。Ciao〜!!